植栽木の育成・育苗

「地域性苗木」という、その地域に存在する森から種や苗をとり育てていく方法で苗木を育成します。種を蒔いて森を育てるよりも苗木を植えることで、森が回復する速度がすこしでも早くなります。

そしてその苗木が近隣の森の回復にも役立てるよう可能な限りの種類と数を増やすよう試みます。

技術者集団の育成

「地域性苗木」を用いた森の再生に関わる活動は、全国的にもまだ多くの事例がありません。さまざまな専門分野の方々にご協力をいただきながら、森林再生に携わる技術者の育成を目指すことも私たちにとっては大きな目標です。森に関わる人が増えることが、森の再生にもつながると考えています。

京都大学芦生研究林での研究的な取り組み

芦生研究林内でも森の再生に取り組みます。無立木化した林内の一画をお借りし、そこで試験的な取り組みを行います。できるだけ環境インパクトを抑え、シカ害を防除し、小規模でも効率的なやり方を模索します。